一人暮らしで犬と暮らすには?

世代を問わず、犬と暮らしたいと願う一人暮らしの人は増える傾向にあるようです。一人暮らしは自由を満喫できますが、一人だからという寂しさもあります。犬と暮らすことができれば、生活や人生が豊かなものとなるでしょう。では、犬も飼い主も幸せになるにはどんなことが大切なのでしょうか。キーワードになるのは飼い主の「経済力」「しつけ」「サポート環境」です。

51a345feefa51bd5eed9a3cb59a8708b_m

犬を飼う費用は年10万円以上!

まずは「経済力」から考えてみましょう。

ペット業界の組織や団体の調査によると、1か月に必要な犬の生活費は約8,000~16,000円という結果が出ています。また、毎年必要な狂犬病の予防注射と各地自体への登録費用が6,500円かかります。そのほか、感染症予防のワクチンやフィラリア予防などの費用も必要になってきます。

こうした費用を合計すると犬一頭につき、年間10万円以上の生活費が必要となると考えられます。そして、万が一の病気やケガのことも考えて、貯金をしたり医療保険に入ったりという飼い主も大勢いるようです。犬と暮らすためには、ある程度の経済力が求められるといえます。

人間社会で生きるための「しつけ」

次に「しつけ」です。しつけは犬と暮らしていく上で、絶対に必要なものです。なぜなら、犬は人間社会のことを知りません。このことを知らずにいる犬は、人を噛んだり、人やほかの犬に向かってを吠えたりなどの問題行動をすることになりかねません。そこで、人と暮らしていくために必要なルールやマナーを知ってもらうためにしつけを行うのです。

しつけは子犬から成犬になる数か月間に重点的に行うことが重要で、そうすることではほとんど手がかからない犬に育つといわれています。そのため、きちんと時間をとって飼い犬をしつけていくことが大切です。

しかし、しつけをするために十分な時間がとれない場合もあります。例えば、一人暮らしで働いている人が犬と過ごせる時間を考えてみましょう。週末は長い時間を一緒にいることができますが、平日は食事や睡眠、自分の用事などを考慮すると、犬の世話に費やせる時間は1~2時間程度になるでしょう。これではとても十分とはいえません。

その場合は、しつけも行ってくれるタイプの犬の保育園などを利用するのがよいでしょう。子犬の頃からの正しいしつけはその犬の幸不幸を左右するともいえます。

いざというとき頼れる人を作っておく

最後が「サポート環境」です。家族で犬を飼っている場合には、家族全員あるいは家族内で持ち回りを決めるなどすれば誰が犬の世話することはできると思います。しかし、一人暮らしの場合にはそうはいきません。一人暮らしの人が仕事の出張などでやむを得ず長期間留守にする場合は、犬を預けたり様子をみてもらうというサポートが欠かせなくなります。

そこで大切になってくるのが、別に住んでいる家族、近所や友人などです。こうした人たちと良好な関係を築いておけば、いざというときに飼い犬を預かってもらったり、様子をみてもらったりすることをお願いできます。

自分の周囲を見渡してサポートしてくれる人に不安を感じるようであれば、犬を購入したペットショップに頼る方法もあります。サポート体制がしっかりしているショップであれば、きちんと相談に乗ってくれます。そうなったときのことも考えて、自分が犬を購入するショップはアフターケアがしっかりいているかをよく調べて選ぶようにしましょう。

大手ペットショップいうと、ペットショップのコジマさんは獣医師や衛生管理の指導がありますし、しつけトレーニング、ワクチン注射など総合的にカバーしてくれるのでペットショップで飼う前にそういった購入後のサポートもあるか事前に聞いておくことがとても重要になってきます。