犬と一緒に暮らす快適な室内とは?

犬と快適に暮らすためには、室内が人にとっても犬にとっても快適であることが大切です。快適とは「安全」「安心」という条件を満たしていることが含まれます。室内を快適に整えるためには、「人には都合がよくても犬にとっては危ないな環境を改善する「犬に快適でも人には不都合な環境を改善する」「人と犬の両方に快適な環境を作る」ということが大切です。そのポイントを紹介します。

1791395eb3a67b2f72ab9ac0aabac559_m

室内に犬のトイレを設ける

まずは「犬のトイレ」です。犬のトイレは必ずある生理現象です。散歩に出たときにトイレを済ますのが犬の習性ですが、室内のトイレでもオシッコやウンチができるようしておきます。トイレキットは数多く販売されているので、その中から犬の体格にあった大きさのものを選びましょう。トイレを設ける場所は、廊下や部屋の角など、犬ができるだけ静かに落ち着けるところを選びます。

室内のあるものに気を配る

人間だけで暮らしているのであれば、とくに注意する必要はなくても、犬にとっては危険というものは室内に以外とたくさんあります。

例えば、コンセントから伸びたコード類、キッチンに出しっぱなしにした包丁、床に置きっぱなしにした洗剤などの化学製品、犬が届きそうな場所にある生ゴミ類などです。

「えっ、こんなものが」と思うものが思わぬ犬にとって危険なものになります。ちょっと目を離したすきや留守番のときにトラブルが起きないように、室内は常に整理整頓を心がけるようにするのが望ましいでしょう。

落ち着ける場所や食器を用意する

犬には専用のベッドやケット類を用意し、室内の一部に落ち着ける場所を作ってあげると安心します。

小型犬は室内用の犬小屋やケージを設けるのがおすすめです。大型犬の場合は、可能であれば、クローゼットや押し入れなどの一部を改造してスペースを作ってあげるのもよいでしょう。

また、犬の食事の場所、食器を決めることも大切です。犬は食器やおもちゃなどを使い続けるうちに自分のものと思うようになります。すると、自分がふだん使っている食器などに触れるだけで安心できるようになるのです。

入っては行けない場所には柵を

「玄関を開けたすきに外へ出てしまった」「バスルームのドアを開けていたらバスタブに入り込んでしまった」「階段を勝手に昇ってしまった」などという、犬が行くと飼い主の気持ちが休まらないという場所には、ペットゲートなどの柵類を設置しましょう。

フローリングがひざ・腰の負担に

最近の住宅の床は、フローリングが多くなっています。人間にとってフローリングは掃除をするにはカーペットよりも楽ですが、犬にはよくない場合があります。フローリングのような硬く滑る床で犬が跳んだり走ったりするとひざや腰に負担がかかるためです。できれば、ペット用のフローリング材に替えるようにしましょう。

ニオイ対策もしっかりと

ペットがいる室内は特有のニオイがしてしまう場合があります。それを避けるには常に換気ができる環境にしておくことです。そうすると、人にも犬にも快適に過ごせます。また、壁紙にもニオイが染み込んでしまう場合があります。最近ではペットのニオイが染み込まない壁紙もあるので、利用するとよいでしょう。人と犬の快適環境は、日々の努力で生まれてくるといえます。