もしも病気にかかったら?犬にかかる医療費いついて

一匹が生涯かかる医療費は年々上がってきていると言われています。病気、ケガ、ワクチンなど、犬にかかる医療費についてどれだけの費用がかかるのでしょうか。暮らすための生活費と違い、医療費は突然の出費になることが多く、しかし避けることはできないものです。治療費についてどれだけお金がかかるのかご紹介します。

bb2040641cadc8298ff63488a314e2c4_m

高額になる医療費、平均100万円!?

人間と同じようにペットの医療も高度化することによって治療費が高くなってきました。それは本来の寿命が延びた分、病気になるケースが増え、治療費が多くかかる、また治療回数が増えることが原因としてあげられます。

生涯かかる医療費は犬で100万円、猫で60万円かかると言われています。日本獣医師会の調査によると小型犬の場合で1日の入院費の平均は2,706円、骨折手術の平均は3万9,290円かかりるそうです。ですので、骨折の場合で長期入院することになれば手術や入院で治療費の合計が10〜50万円程度まで達することもあります。

ケガの状態や病院によって値段は異なりますが、医療にかかるお金は私たちが思っているよりずっと高い、ということを認識しておかなければなりません。

また、ペットは人間と違い健康保険制度がなく、全て自由診療になるため病院によって治療費は違います。病気やケガになる前に、何かあったときのためにお世話になる病院を探しておくことが重要になってきます。

病気やケガによる事前にできること

病気やケガによる高額な医療費も、最近はクレジットカードが使える病院が増えてきましたが事前に高額な治療にも耐えられるよう3つの備えが必要です。

1つ目はいざという治療費のために、貯蓄が必要になります。毎月少しずつでもいいので、貯めておくようにしましょう。

2つ目、最近ではペット保険を取り扱っているところも増えています。掛け捨てになってしまいますが、いろんな保険を見比べて自分にあった会社とプランを選ぶようにしましょう。
そして最後の3つ目は何より大事な予防です。病気にならないためのワクチンを打っておくことで事前に対処できることはしておくようにしましょう。

犬の種類や年齢によってかかりやすい病気というのは分かってきています。病気の予防に関してはこちらのペットショップのコジマさんのWebサイトに詳しく載っています。

〇病気の予防と管理
http://pets-kojima.com/library/health/detail/

大事なワンちゃんと少しでも長く一緒に過ごすために、病気やケガになるまえに最適な対処ができるよう準備しておくようにしましょう。