犬を飼うときに必要な初期費用は「16万円」その内訳は?

子犬を迎えるに当たって準備するべき費用を「初期費用」といいます。タイトルにもあるように犬を飼うときに必要となる初期費用の平均は「約16万円」です。その内訳を詳しく説明しましょう。

ce2ee4756ad2e0ff3e490144a5fbfcb0_m

購入費用は12万5,000円

犬は人から譲り受ければ無料ですが、ペットショップで購入すれば子犬の購入費用がかかります。その購入価格の平均は12万5,000円です。

ただし、子犬の値段には定価がないことには注意してください。犬種によって相場はありますが、トイプードルなら17~25万円、柴犬は8~18万円、ブルドッグなら20~40万円と、同じ犬種でも価格帯は幅広くなっています。これは血統書の有無や顔の整い具合、毛色、月齢などによって値段が異なるからです。また、子犬の値段は人気や流行によって変動しますし、販売するブリーダーやペットショップによっても違ってきます。

そのため、子犬代の平均価格(12万5,000円)はあくまでも目安になります。アンケートや調査によっては15万円や20万円となることもあるようです。

犬の登録費用とワクチン代で約1万円

犬を飼うときは「畜犬登録」をしなければなりません。法令によって生後90日以上の犬の飼い主すべてに義務づけられています。狂犬病の予防接種を受けて「注射済み証明書」をもらって、30日以内に役所か保健所に行き登録します。

この登録費用と予防接費用がかかります。予防接種費用は3,000円、畜犬登録費用は地域によって違いがあり、3,000円前後です。また、飼い犬の健康診断もすると思いますから、さらに3,000円前後かかることになり、合計で9,000円~1万円がかかります。

グッズ代は2万5,000円

グッズ類の平均は約2万5,000円です。グッズ類は子犬を迎えるにあたって最低限必要になる室内用サークル・ゲージ、ベッド、食器・水入れ、トイレ・トイレシーツ、リード・首輪などの平均価格で試算しました。ただし、グッズによっては安価なものから高価なものまであり、ケアアイテムやおもちゃを購入すればさらに初期費用は高くなります。

初期費用の内訳

以上で初期費用にかかる主な項目は出そろいました。初期費用の合計は以下の通りです。

子犬代       12万5,000円
畜犬登録&ワクチン 1万円
グッズ代      2万5,000円
<初期費用合計>  16万円

去勢・避妊手術は飼い主の任意で行います。去勢・避妊費用は約2~3万円になります。獣医師と相談のうえ判断してください。