犬を飼うのにかかる“生涯費用”ってどのくらい?

犬を飼うときにどうしても気になるのが費用ではないでしょうか?子犬からすくすくと健康的に育てるためには何かとお金がかかるものです。そこで犬の生涯費用をシミュレーションしてみました。初期費用、毎月必要な費用、病気やケガをしたときの医療費などから、予想される費用の合計金額はどのくらいになるのでしょうか?小型犬・中型犬を例に考えてみます。

cb6727d15d44373e0e063ced332f9a1e_m

購入費用を含めた初期費用の平均は約16万円

犬はもらうこともありますが、最近はペットショップで購入することが増えているようです。その購入価格の平均は約12万5,000円です。これに首輪やサークル、食器などグッズ類がかかります。また、法令で義務づけられている畜犬登録費用や予防接種費用も必要です。すると初期費用はだいたい次のようになるでしょう。

子犬代    12万5,000円
ワクチン代  7,000円
犬の登録費用 3,000円
グッズ代   2万5,000円

<初期費用> 16万円

犬の毎月の飼育費用は1万円

家族の一員となってからは食費やシャンプー、トリミング代など継続的に必要なランニングコストがかかります。定期的に必要な費用は以下の通りです(食費は犬のサイズによって相当な差が出ますが、平均食費である約5,000円を参考にしています)。

フード代   5,000円
シャンプー代 1,500円
トリミング代 1,500円
ケアグッズ代 2,000円

<ランニングコスト> 1万円

毎月の飼育費用は約1万円、1年に換算すると12万円になります。これに犬の平均寿命をかけると生涯の飼育費用が計算できます。小型犬・中型犬の寿命は15~18年といわれていますから、180~216万円が生涯の飼育費用といえます。

病気やケガは5万円、去勢・避妊にかかる費用は2~3万円

犬たちが病気やケガをすればペット病院に通います。ペットの医療費は飼い主の全額負担となるため、意外と出費の多い項目です。東京都のペットに関する調査報告書によると1年間の平均医療費は約5万円です。生涯の医療費に換算すれば小型犬・中型犬は75~90万円かかります。

飼い犬に子どもを生ませない選択をするならこれに去勢・避妊手術の費用が必要です。小型犬・中型犬の去勢・避妊費用は約2~3万円になります。

生涯かかる費用は○○万円!

以上で生涯費用の主な項目が出そろいました。すべてを合計すると小型犬・中型犬は「273万円~325万円」になります。ちなみに大型犬の場合は食費や医療費が小型犬・中型犬よりもかかりますから、生涯費用は350万円ぐらいになるといわれています。

300万円と聞くと意外とお金がかかるものだと思うかもしれません。しかし、飼い犬たちは毎日の生活の中で幸せを与えてくれます。これは決してお金には換算できない、かけがえのない価値です。生涯費用とペットを飼うことでもたらされる幸せをよく考慮して、犬を飼うかどうか判断してください。