日本で最も愛されてきた「柴犬」の魅力とは?

日本には全部で6種の土着犬がいますが、そのなかでもっとも小さく、古くから存在しているのが「柴犬」です。柴犬の祖先は日本人とともに縄文時代から一緒に狩りや生活してきたといわれています。日本犬の代表的な存在で、1936年には国の天然記念物にも指定されました。海外でも「シバ」「シバドッグ」と呼ばれ、室内で飼いやすい犬種として人気が高まっています。

67dd52626b02c1d0766c85eaf0a15b05_m

柴犬の名前の由来

縄文時代以前に南方から来たといわれる柴犬は、主に日本海に面する山岳地方に生息していたといわれます。「柴」には「雑木」という意味があるので、名前の由来には「柴薮の間を巧みにくぐり抜けながら猟をしていたから」という説や、「被毛が枯れた柴のような赤褐色をしているから」という説などがあります。

その由来のとおり、柴犬は優秀なハンターとしての能力と本能を持っており、動作はキビキビとしていて軽快です。しっかりとした骨格に、均整のとれたたくましい体型もしています。小さくピンと立った耳、厚い被毛、そしてクルリと巻いたシッポがチャームポイントです。

主人に尽くす献身的な性格

柴犬の特徴は飼い主の指示に対して従順に従おうとする献身的な性格です。信頼する飼い主の命令ならば、がまん強く従います。リラックスした時間は飼い主や家族のそばに寄り添い愛情深く接します。こうした従順でかわいらしい姿が人気の理由です。

その一方、飼い主に対する忠誠心の強さから知らない人に対する警戒心は強めです。攻撃的になることはほとんどないですが、初対面に相手に対しては少しそっけない態度を見せるかも知れません。家族にしか接触しない環境で育てると警戒心が強くなってしまうので、子犬の頃から社会性を身につけて、見知らぬ人や動物に警戒しすぎないようにしつけましょう。

短毛なのでしつけが簡単

柴犬は短毛なのでお手入れは比較的簡単です。毎日、軽いブラッシングをすれば十分でしょう。ただし、換毛期は毛が大量に抜けるため、その時期は入念なブラッシングが必要になります。
柴犬は小型犬ですが、持久力に優れ、中型犬並みの運動量を必要とします。毎日の散歩に加え、ボール遊びなどを取りいれると喜ぶでしょう。頭の良さを生かしてドッグスポーツに参加してもいいかもしれません。

柴犬は日々の運動と換毛期のお手入れさえクリアすればとても飼いやすい犬種です。日本の気候にピッタリと適応して、室内飼いにすることも外飼いにすることもできます。